通勤形車両3編成を増備 押上線は高架化推進 京成2017年度設備投資計画

日暮里駅に導入されるホームドアのイメージ(画像:京成電鉄)。
2017年度は3編成が新造される3000形電車(画像:京成電鉄)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170511 keiseitoshi 02 Thumbnail 170511 keiseitoshi 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 置き換え対象は例によって3600か。
    そろそろ危険水域だろうか。
    3000形もデザインや車内インテリアはいいんだが、座席のクッションがなあ・・・。

    押上線は立石付近がやはり難題だ。
    少なくとも2020年は無理だが、あまり時間をかけてしまうと船橋の二の舞と言われかねない。いや、もう言われていたりして。

  2. 旅客の利便性・安全性を考えると、日暮里駅のエスカレータ増設・拡大がいちばん必要だとおもう。
    設置数も少ないので、降車客が殺到して、非常に危険を感じる。

  3. それより、京成八幡駅あたりの高架はしなくて良いの?
    あそこは開かずの踏み切りだけでなく外環道もあるから重要だと思うが。