新幹線の連結・切り離しも再現 鉄道博物館に完成の新「鉄道ジオラマ」、ここがスゴイ!(写真38枚)

新ジオラマ。手前に地方部が、奥に都市部がつくられている(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
新幹線E5系「はやぶさ」がE6系「こまち」が連結して走る(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
奥が「アプト式」の線路を走る列車(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
駅ホームの情景の表現にも力を入れているという(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
夜のホームも再現される(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
山の下にある曲線を描く橋は、上越線がモデル(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
水力発電所は光らせることができる(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
ジオラマで再現された都市部の夜(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
駅のなかで「はやぶさ」「こまち」の連結が行われている(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
烏山線の蓄電池式電車EV-E301系も(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
ポイント部分のバラストは実際に近づけるために少し汚している(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
ジオラマのなかの「人」は、博物館のワークショップを通じて一般客が塗色した(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
深夜の線路を走る寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
奥のスクリーンには「サンライズ瀬戸・出雲」の車内の様子が映される(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
高架下の商店なども再現されている(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
「鉄道文化ギャラリー」の入口(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
鉄道にまつわる絵画がデジタルサイネージに映される(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
駅弁の「中身」を紹介するコーナーの上部には、パッケージがずらり(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
パッケージのない駅弁も。日本初の駅弁とされる「握り飯」(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
「握り飯」駅弁の解説(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
駅そばの紹介コーナー(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
デジタルサイネージに駅そばにまつわる話が表示される(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
ギャラリー内での解説の閲覧数などが集計され、その週のランキングが表示される(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
「トレインレストラン日本食堂」の看板(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
レストラン内には、食堂車を再現した一画も(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
「トレインレストラン日本食堂」のグランドメニュー(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
特製デミグラスソースを使用した「日本食堂 スペシャルハヤシライス」税込1800円(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
白いテーブルクロスの下のアンダークロスは、かつての食堂車で日本食堂の営業であることを色で示したもの(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
新ジオラマで都市部の中央駅となる「鉄博新都心駅」。JR以外の私鉄車両も多い(2017年7月11日、中島洋平撮影)。
ジオラマの全景。解説つきの運行プログラムを鑑賞するシアターのようになっている。
一番左のE7系新幹線が走るカーブには、2度の傾斜(カント)がつけられている。
プログラムの進行に応じて解説員がジオラマを操作する。
「文学」のコーナーでは、書籍が並べられた棚の上部に、作品中のフレーズが映し出される。
ずらりと並ぶ駅弁のサンプル。ガラスケース越しに触れると、ディスプレイに解説が表示される。
音符のオブジェの下では、楽曲を実際に聴くことができる。
「トレインレストラン日本食堂」店内には、食堂車の車内をイメージした一角も。
「特製デミグラスソースのハンバーグステーキ」(税込1800円)。皿は寝台特急「北斗星」で実際に使われたもの。
店内で提供されるワインは、豪華寝台列車「トランスイート四季島」の立ち寄りスポットにもなっている山梨県笛吹市のワイナリー「ルミエール」が製造。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170711 teppakugeorama 11 Thumbnail 170711 teppakugeorama 12 Thumbnail 170711 teppakugeorama 13 Thumbnail 170711 teppakugeorama 14 Thumbnail 170711 teppakugeorama 15 Thumbnail 170711 teppakugeorama 16 Thumbnail 170711 teppakugeorama 17 Thumbnail 170711 teppakugeorama 18 Thumbnail 170711 teppakugeorama 19 Thumbnail 170711 teppakugeorama 20 Thumbnail 170711 teppakugeorama 21 Thumbnail 170711 teppakugeorama 22 Thumbnail 170711 teppakugeorama 23 Thumbnail 170711 teppakugeorama 24 Thumbnail 170711 teppakugeorama 25 Thumbnail 170711 teppakugeorama 26 Thumbnail 170711 teppakugeorama 27 Thumbnail 170711 teppakugeorama 28 Thumbnail 170711 teppakugeorama 29 Thumbnail 170711 teppakugeorama 30 Thumbnail 170711 teppakugeorama 31 Thumbnail 170711 teppakugeorama 32 Thumbnail 170711 teppakugeorama 33 Thumbnail 170711 teppakugeorama 34 Thumbnail 170711 teppakugeorama 35 Thumbnail 170711 teppakugeorama 36 Thumbnail 170711 teppakugeorama 37 Thumbnail 170711 teppakugeorama 38 Thumbnail 170711 teppakugeorama 01 Thumbnail 170711 teppakugeorama 02 Thumbnail 170711 teppakugeorama 03 Thumbnail 170711 teppakugeorama 04 Thumbnail 170711 teppakugeorama 05 Thumbnail 170711 teppakugeorama 06 Thumbnail 170711 teppakugeorama 07 Thumbnail 170711 teppakugeorama 08 Thumbnail 170711 teppakugeorama 09 Thumbnail 170711 teppakugeorama 10

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. そりゃ凄い!連結を再現するなんて!電GOでこまちをやまびこに増結させたことはあるけど、そこまで辿りつくに違う攻略本を3冊買ったよ!

  2. いっそVRで昔の列車の乗車体験でもすればよいのに。あるいはVRゲームで郵便車や荷物車の乗務員になりきっての体験とか、583系寝台電車の寝台設置、解体レースとか、さらには列車一編成前から後ろまでの「探検」とか。実物を持っている強みと進化発展するVRを組み合わせると相当面白い事になるぞ。

    • 583系の寝台は実演とかでやるとおもしろいかもしれないですね。
      ただあくまで博物館なので、あまりゲームとか面白側に振ってしまうと不届き者がわんさとやってきかねないので(実際ジオラマコーナーも危ないと思う)、展示と体験のバランスは難しいところでしょう。
      ちなみにVRは市中のゲームセンターでも実現できることなのであえて鉄道博物館でやらなくてもと思います。ARならまだわかりますが…。

  3. 大宮のやつ?
    鉄道博物館とだけ書かれると不安になる。

    世界中からアクセスされることを念頭に記事書いて欲しい。

    • 正式名称ですからね。京都のは元々梅小路でしたし。
      東海道新幹線の車内アナウンスに「新幹線だけだと東海道だか東北だかわからん」と文句言うのと同じレベルですよ。