名古屋、複雑な交差点の恩恵とは? 右折の内側に直進バスレーンがある理由

桜通大津バス停から引山バス停までが「中央走行区間」。大津通と出来町通上に位置する(国土地理院の地図を加工)。
「中央走行区間」を走る「基幹バス」。バス停の手前(奥)から、カラー舗装されたバスレーンがやや左に寄っている(2017年6月、恵 知仁撮影)。
「中央走行区間」における交差点のイメージ。バス停をはさんで一般車右折レーンの右側に直進のバスレーンが並ぶケース(乗りものニュース編集部で作成)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170718 buslane 03 Thumbnail 170718 buslane 01 Thumbnail 170718 buslane 02

関連記事

最新記事