リニア中央新幹線、茨城に「川」を製作 73mの巨大模型で「100年に一度」を実験【動画】

中央新幹線天竜川橋りょうが架橋される場所の航空写真。手前側が下流(画像:JR東海)。
全長が70m以上にもなる天竜川の模型。
水量が1年に1回程度の洪水時(実際の河川流量は1270立方メートル)。
水量が100年に1回程度の洪水時(実際の河川流量は4200立方メートル)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170803 tenryu 04 Thumbnail 170803 tenryu 01 Thumbnail 170803 tenryu 02 Thumbnail 170803 tenryu 03

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. スピードもいいけど少しは坂の町の交通手段に応用してくれないかな?

  2. 水圧にスケールがかかってないこんな実験なんの意味があるのか。
    無駄金使って何してんのか。。

  3. そのうち「1000年に一度」だの「想定外」だのが来て一気にあぼーん

  4. 本当に災害を想定するなら流木とか流さないとダメだよね。水圧だけが橋を落とすわけじゃないし