道ならぬ道も? 「点線国道」! 階段ほか、「酷道」以上に高難易度な国道とは?

青森県の国道339号「階段国道」も、車両が通行できないことから「点線国道」のひとつとなっている(松波成行撮影)。
和歌山県にある国道371号の点線区間で見られる光景。登山道らしき道も見当たらないという(松波成行撮影)。
登山者が歩いているのが国道291号「清水峠」区間にあたる。奥に見えるのは避難小屋(松波成行撮影)。
国道289号「甲子(かし)峠」区間にあった国道標識(おにぎり)。2008年に国道指定が解除され、撤去された(松波成行撮影)。
国道291号「清水峠」区間周辺の案内板。点線の上に国道のマークが描かれている(松波成行撮影)。
新潟・福島県境に位置する国道289号「八十里越」区間。建設中の新道はこの区間をトンネルで越える(松波成行撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170809 tensenkokudo 04 Thumbnail 170809 tensenkokudo 05 Thumbnail 170809 tensenkokudo 06 Thumbnail 170809 tensenkokudo 01 Thumbnail 170809 tensenkokudo 02 Thumbnail 170809 tensenkokudo 03

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 明治時代の高規格道路、どの位の規格だったんだろうか。しかしどうもお役所仕事の典型としか思えないわな。

    • 営利目的でされてもどうかと思いません?

  2. 国道371号の未開通部分は、車も通れる林道で迂回できます。