高速道路の「路肩停車」はなぜ危険なのか 停車中のクルマに追突、そのメカニズムとは?

非常駐車帯は故障車や緊急車両が駐車するためのスペース。約500mおき(トンネル内では約750mおき)にあり、非常電話も設置されている(画像:photolibrary)。
高速道路の路肩は、走行車線と同じくらいの幅が確保されているところもある。写真はイメージ(2017年3月、中島洋平撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170904 rokata 02 Thumbnail 170904 rokata 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 路側帯をなくし
    非常停止帯を100M間隔に配置し
    非常通話BOXに待機場を設ける敷かない

  2. 道路維持作業車も路肩で作業する時は舵を左にきってますよね、事故処理現場に更にトラックが突っ込み処理中の警察車両が大破する恐ろしいビデオがサービスエリアで放映されてますけど、恐いですよ

  3. 「発煙筒」ではなく「発炎筒」ですから。

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。