クルマの長ーいアンテナ、どこへ 小さく、短く進化 「コネクテッド」時代はどうなる?

「車載用平面アンテナ」が搭載されたトヨタ「MIRAI」の実験車(画像:トヨタ)。
1970年代に販売されたマツダ「サバンナ」。運転席側のピラーに長いアンテナがついている(画像:マツダ)。
マツダ「デミオ」。ポールアンテナが採用されている(画像:マツダ)。
トヨタが2016年に発表した衛生通信のための「車載用平面アンテナ」(画像:トヨタ)。
トヨタが2016年に発表した衛生通信のための「車載用平面アンテナ」(画像:トヨタ)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170908 antenna 05 Thumbnail 170908 antenna 01 Thumbnail 170908 antenna 02 Thumbnail 170908 antenna 03 Thumbnail 170908 antenna 04

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 将来的には車の外板や枠や天井そのものをアンテナとするコンフォーマルアレイアンテナとかが出てきそうですね。

  2. :%s/衛生通信/衛星通信/g

  3. 昔、このトンネルはラジオが聴けます。なんて看板がありましたよね?あれって幼心にトンネルでラジオが鳴るのかと思ってました。