米空軍次期練習機選定、ボーイングとKAIの「譲れない戦い」とは T-Xまもなく決着へ

T-38「タロン」は1959年に初飛行、運用開始は1961年で、2017年現在、現役。アメリカ空軍はじめ各国で採用された(画像:ノースロップ・グラマン)。
ボーイングとサーブのT-X候補機、BOEING T-X(画像:ボーイング)。
ロッキード・マーチンとKAIの共同開発機、T-50「ゴールデンイーグル」米空軍型は2016年に初飛行した(画像:ロッキード・マーチン)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170908 tx 03 Thumbnail 170908 tx 01 Thumbnail 170908 tx 02

関連記事

最新記事