飛行機の主翼、端が立っているのはなぜ? 重くなるのに燃費改善のカラクリとは

ANAの最新鋭機、エアバスA321neo。エアバスではA320シリーズに装着するウィングレットのことを「シャークレット」と呼称(2017年9月8日、石津祐介撮影)。
JALのボーイング767-300ER。主翼端にウィングレットを装着している(画像:reezuan/123RF)。
主翼の下を通る空気は、上に比べ気圧が高い。翼端では緑のラインのように上側へ引っ張られ、これが翼端渦になる(乗りものニュース編集部作成)。
アメリカ空軍のA-10「サンダーボルトII」攻撃機。主翼の先端が下方に曲がっている(画像:アメリカ空軍)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170913 winglet 04 Thumbnail 170913 winglet 01 Thumbnail 170913 winglet 02 Thumbnail 170913 winglet 03

関連記事

最新記事