空港の地上業務「グランドハンドリング」とは? JALが技量を競う社内コンテスト開催(写真24枚)

「第5回 JALグランドハンドリングコンテスト」の様子(2017年10月26日、石津祐介撮影)。
「第5回 JALグランドハンドリングコンテスト」の様子(2017年10月26日、石津祐介撮影)。
「第5回 JALグランドハンドリングコンテスト」の様子(2017年10月26日、石津祐介撮影)。
第5回を迎えた「JALグランドハンドリングコンテスト」。空港の地上作業員たちがふだんの作業でつちかった技量を競う(2017年10月26日、石津祐介撮影)。
コンテストには全国29の空港から58名が参加。
宣誓を行う成田空港の山崎風香さんは、今回のコンテストで唯一の女性参加者。
日々のハンドリング業務で鍛えた技量をコンテストで披露する。
貨物を牽引するトーイングトラクター。コンテナは最大で6個、パレットは4両を連結。
ミッションはオートマチックで、スピードメーターは最大速度50km/hと表示されている。
グランドハンドリングを行うスタッフの主な装備は、ヘルメット、反射帯、安全靴。
コンテナを航空機から搭降載するハイリフトローダー。
コンテナやパレットを輸送するための車両、ドーリー。
手荷物や貨物が積み込まれるULD。
ばら積みの荷物を積み込む際に使用されるベルトローダー
航空機の高さに合わせてジャッキで上下する。
指差し確認し、トーイングトラクターを運転する。
ハイリフトローダーから指示を出すオペレーター。
ドーリーを牽引したままバックで8の字コースを走行。
貨物室からばら積み荷物をベルトローダーへと降ろしていく。
取りおろした荷物をバランスよくコンテナへと積み込む。
誘導するスタッフに従いコースを進むトーイングトラクター。
ULD部門は成田空港(左ふたり)、BULK部門は宮古空港(右ふたり)がそれぞれ優勝。
「皆さんの底力を感じました」と締めくくった阿部空港本部長。
最後に全員で記念撮影。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171028 ground 22 Thumbnail 171028 ground 23 Thumbnail 171028 ground 24 Thumbnail 171028 ground 01 Thumbnail 171028 ground 02 Thumbnail 171028 ground 03 Thumbnail 171028 ground 04 Thumbnail 171028 ground 05 Thumbnail 171028 ground 06 Thumbnail 171028 ground 07 Thumbnail 171028 ground 08 Thumbnail 171028 ground 09 Thumbnail 171028 ground 10 Thumbnail 171028 ground 11 Thumbnail 171028 ground 12 Thumbnail 171028 ground 13 Thumbnail 171028 ground 14 Thumbnail 171028 ground 15 Thumbnail 171028 ground 16 Thumbnail 171028 ground 17 Thumbnail 171028 ground 18 Thumbnail 171028 ground 19 Thumbnail 171028 ground 20 Thumbnail 171028 ground 21

関連記事

最新記事