上から眺める航空ショー? 危険な山あいをデモ飛行する軍用機、そこまでする理由とは(写真23枚)

マイリンゲン基地を離陸するF/A-18(2017年10月、石津祐介撮影)。
山岳地帯で機動飛行デモを行うF/A-18(2017年10月、石津祐介撮影)。
山岳地帯で機動飛行デモを行うF/A-18(2017年10月、石津祐介撮影)。
機関砲による射撃デモを行うF-5E(2017年10月、石津祐介撮影)。
機関砲による射撃デモを行うF-5E(2017年10月、石津祐介撮影)。
救難デモを行うユーロコプターEC635(2017年10月、石津祐介撮影)。
救難デモを行うユーロコプターEC635(2017年10月、石津祐介撮影)。
機動飛行を行うAS532「クーガー」(2017年10月、石津祐介撮影)。
機動飛行を行うAS532「クーガー」(2017年10月、石津祐介撮影)。
山岳地帯でアクロを披露するパトルイユ・スイス(2017年10月、石津祐介撮影)。
山岳地帯でアクロを披露するパトルイユ・スイス(2017年10月、石津祐介撮影)。
山岳地帯でアクロを披露するパトルイユ・スイス(2017年10月、石津祐介撮影)。
エーベンフルー演習場から眼下に見下ろすブリエンツ湖。観光名所としても有名。(2017年10月、石津祐介撮影)。
フレアを発射するF/A-18を、山の上から見下ろす(2017年10月、石津祐介撮影)。
会場となる演習場。その標高、なんと2200m。
エアショーの例にもれず、大勢のギャラリーが山を登り集まる。
マイリンゲン基地をタキシングするF/A-18「ホーネット」。
射撃を行い離脱するF-5E「タイガー」。
峡谷を急上昇するF/A-18「ホーネット」。
スイス国産の高等練習機、ピラタスPC-21によるデモ。
フレアを放出するAS532「クーガー」。
山岳地帯でアクロを披露するパトルイユ・スイス。
デモフライトを行うタイ空軍の「グリペン」。2017年10月現在、スイス空軍が導入を検討している(2017年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171018 swiss 11 Thumbnail 171018 swiss 12 Thumbnail 171018 swiss 13 Thumbnail 171018 swiss 14 Thumbnail 171018 swiss 15 Thumbnail 171018 swiss 16 Thumbnail 171018 swiss 17 Thumbnail 171018 swiss 18 Thumbnail 171018 swiss 19 Thumbnail 171018 swiss 20 Thumbnail 171018 swiss 21 Thumbnail 171018 swiss 22 Thumbnail 171018 swiss 23 Thumbnail 171018 swiss 01 Thumbnail 171018 swiss 02 Thumbnail 171018 swiss 03 Thumbnail 171018 swiss 04 Thumbnail 171018 swiss 05 Thumbnail 171018 swiss 06 Thumbnail 171018 swiss 07 Thumbnail 171018 swiss 08 Thumbnail 171018 swiss 09 Thumbnail 171018 swiss 10

関連記事

最新記事