高速道路の除雪、完全無人化なるか 人工衛星「みちびき」活用の新システム試行、誤差数cmに?

低速のロータリー除雪車、高速の除雪トラックとも、2021年以降の自動化が目指されている(画像:NEXCO東日本)。
高速道路の除雪車。左は低速のロータリー除雪車、右は高速走行する除雪トラック(画像:NEXCO東日本)。
NEXCO東日本が試行する準天頂衛星を活用した運転支援システムの概要。ロータリー除雪車に搭載される(画像:NEXCO東日本)。
ヤンマーが2018年に発売を予定している自動運転トラクター(手前)のイメージ。有人のトラクターと同時に走行し、別々の作業を行うことができる(画像:ヤンマー)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171030 autojosetsu 04 Thumbnail 171030 autojosetsu 01 Thumbnail 171030 autojosetsu 02 Thumbnail 171030 autojosetsu 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 滑走路の除雪車も無人運転になってほしい
    道交法が適用されないから交通事故を考えなくてもいい上に、
    超高層ビルが周囲の数キロメートルに無いからGPSなどの幾つもの衛星の電波を確実に捉えられる
    もっと台数を増やして除雪作業を短縮してほしい

  2. 神林長平『戦闘妖精・雪風』の「フェアリィ・冬」だね。

  3. まずは自衛隊の基地から?あるいは試験的に小規模空港から?それはそれとして、あとは鉄道の除雪の自動化は、厳しいかな。