高速道路の除雪、完全無人化なるか 人工衛星「みちびき」活用の新システム試行、誤差数cmに?

NEXCO東日本が除雪作業の自動化に向け、準天頂衛星「みちびき」の信号を活用した除雪車の運転支援システムを試行します。将来的には完全自動化を目指すといいますが、どれほど現実味があるのでしょうか。

GPSを補完する「日本版GPS」活用で除雪作業はどう変わる?

 NEXCO東日本が北海道の高速道路で、準天頂衛星「みちびき」を活用した除雪車運転支援システムを搭載するロータリー除雪車を試行導入します。運用区間は道央道 岩見沢~美唄間の約21kmで、2018年1月からの予定です。

171030 autojosetsu 01
高速道路の除雪車。左は低速のロータリー除雪車、右は高速走行する除雪トラック(画像:NEXCO東日本)。

 準天頂衛星「みちびき」は「日本版GPS」とも呼ばれ、2017年10月末現在で4号機まで打ち上げられています。最終的には7機まで打ち上げられアメリカの衛星を補完し、携帯電話や自動車などに搭載されるGPSの精度が飛躍的に向上すると期待されているものです。

 今回NEXCO東日本が試行するシステムは、この「みちびき」に対応する信号を使うことで、除雪車の運転席に設置されたモニターに車両の正確な位置を表示するものだといいます。具体的にどのようなシステムなのか、NEXCO東日本に聞きました。

――新たなシステムで除雪作業はどう変わるのでしょうか?

 オペレーターによる運転操作が容易になるだけでなく、オペレーターを補佐する助手による除雪車の位置確認、視界不良時などにおける安全確認の連絡作業が軽減するなど、除雪作業の省力化と効率化、安全性の向上が図られます。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171030 autojosetsu 04
  • Thumbnail 171030 autojosetsu 01
  • Thumbnail 171030 autojosetsu 02
  • Thumbnail 171030 autojosetsu 03

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 滑走路の除雪車も無人運転になってほしい
    道交法が適用されないから交通事故を考えなくてもいい上に、
    超高層ビルが周囲の数キロメートルに無いからGPSなどの幾つもの衛星の電波を確実に捉えられる
    もっと台数を増やして除雪作業を短縮してほしい

  2. 神林長平『戦闘妖精・雪風』の「フェアリィ・冬」だね。

  3. まずは自衛隊の基地から?あるいは試験的に小規模空港から?それはそれとして、あとは鉄道の除雪の自動化は、厳しいかな。