沈没潜水艦、乗員どう救出? 着底しても数日は生存 海自の備え「潜水艦救難艦」とは

海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」。日本の同名艦としては4代目で、2018年に就役する後継の潜水艦救難艦も5代目の「ちよだ」を名乗る(画像:海上自衛隊)。
アルゼンチン海軍の潜水艦「サン・ファン」(画像:Martin Otero〈Naval Base Mar del Plata〉[CC BY 2.5(https://goo.gl/IM3mpq)], via Wikimedia Commons)
海上自衛隊の潜水艦救難艦「ちはや」(画像:海上自衛隊)
潜水艦救難艦「ちはや」に搭載されたDSRV。2名によって運用され1000m以上の潜航を可能とし、一度に12名を収容できる(関 賢太郎撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171201 srs 04 Thumbnail 171201 srs 01 Thumbnail 171201 srs 02 Thumbnail 171201 srs 03

関連記事

最新記事