沈没潜水艦、乗員どう救出? 着底しても数日は生存 海自の備え「潜水艦救難艦」とは

海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」。日本の同名艦としては4代目で、2018年に就役する後継の潜水艦救難艦も5代目の「ちよだ」を名乗る(画像:海上自衛隊)。
アルゼンチン海軍の潜水艦「サン・ファン」(画像:Martin Otero〈Naval Base Mar del Plata〉[CC BY 2.5(https://goo.gl/IM3mpq)], via Wikimedia Commons)
海上自衛隊の潜水艦救難艦「ちはや」(画像:海上自衛隊)
潜水艦救難艦「ちはや」に搭載されたDSRV。2名によって運用され1000m以上の潜航を可能とし、一度に12名を収容できる(関 賢太郎撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171201 srs 04 Thumbnail 171201 srs 01 Thumbnail 171201 srs 02 Thumbnail 171201 srs 03

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 記事自体が滅茶苦茶。まだおやしお、そうりゅう級双方合計しても20隻には届かないし(練習潜水艦2隻含めても)、現在建造中の潜水艦救難艦「ちよだ」は「ちはや」級とは全くの別物。ちなみに「千代田(およびちよだ)」は旧日本海軍3代、海上自衛隊2代、「千早(およびちはや)」は旧日本海軍1代、海上自衛隊2代となってます。ついでに現在就役中のちよだは潜水艦救難母艦(AS405、潜水艦に対する補給能力あり)で、就役中のちはや(ASR403)と建造中のちよだ(ASR404)は潜水艦救難艦(潜水艦に対する補給能力なし)です。
    また、洋上からの救難方法としては、他にも繭型の耐圧球を吊り下げての救難方法もあります(海上自衛隊も初代ちはや、ふしみ両潜水艦救難艦で採用)。ちなみに件のアルゼンチン海軍には潜水艦救難艦は現在のところありません。

    • ちなみに潜水艦救難艦ないし救難母艦の艦番号、艦名は、竣工順に
      ASR401ちはや(初代)、ASR402ふしみ、AS405ちよだ(初代、本艦のみ潜水艦救難母艦、初代ちはや代替)、ASR403ちはや(2代目、ふしみ代替)、ASR404ちよだ(2代目、同名潜水艦救難母艦代替)と多少ややこしくなってます。初代ちよだのみが番号が飛んでいるのは潜水艦救難母艦に対する番号が405番以降とされていたからです(ただしもうすぐ廃止予定)。