「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、ボルボ「XC60」受賞に見る新しい流れとは?

スカンジナビアンデザインを表現したというボルボ「XC60」のインテリア(画像:ボルボ・カー・ジャパン)。
「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」はボルボ「XC60」に(2017年12月11日、乗りものニュース編集部撮影)。
もっとも多くの審査員がベストの10点をつけたのはトヨタ「カムリ」だったが、総合得点では3位に(画像:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。
総合得点で2位につけたのはBMW5シリーズセダン/ツーリング(画像:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171215 coty 04 Thumbnail 171215 coty 01 Thumbnail 171215 coty 02 Thumbnail 171215 coty 03

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 昔の横綱審議委員会みたいなもんだろ、人気のセリーグが日本車なら実力のパリーグが輸入車ってとこで市場もそろそろ日本車の化けの皮に感づいた?ってとこでしょう

    • というよりも、
      ディーゼルエンジンで、ドイツ車の化けの皮がはがれ、
      日産の検査不正で、日本車の化けの皮がはがれ、
      ボルボが栄誉を手にしたように見える。