巨大な自動車専用船、どう動かす? 日本郵船「アリエス・リーダー」、その操船と動力(写真21枚)

接岸時、もやい作業の様子(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
甲板。日本人スタッフはキャッチボール、フィリピン人スタッフはバスケットボールをして過ごすことが多いという(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
甲板よりブリッジ方向(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
船内デッキよりスターンランプ方向(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
船内デッキよりセンターランプ方向。ちょうど開いていくところ(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
このレバーが、車でいうアクセル、電車でいうマスコンにあたる(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
昔ながらの紙の海図も使用しているという(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
ブリッジの神棚は船神のこんぴらさんを祀る。榊は日本でしか手に入らないため、日本に寄港した際に食料などと一緒に積む(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
機関室のバラストポンプ(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
バラスト排水の環境汚染対策として紫外線処理装置が置かれている(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
機関室に隣接する作業室。実に様々な工具類が整然と並ぶ(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
上級船員用のラウンジ。こうした部分は船ごとに特色があるそうで、「アリエス・リーダー」は居酒屋あるいはスナック風(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
上級船員用のラウンジ。こうした部分は船ごとに特色があるそうで、「アリエス・リーダー」は居酒屋あるいはスナック風(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
接岸時、もやい作業の様子(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
接岸時、もやい作業の様子(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
横浜港に入港する日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
ブリッジにて、計器の解説にあたる藤本和浩 一等航海士(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
「アリエス・リーダー」の心臓部、三井-MAN B&W製ディーゼルエンジン。
機関室で説明にあたる、降籏靖幸 一等機関士。
中央が「アリエス・リーダー」のメインシャフト。普段は床下に。
秦 眞三船長は「船長の仕事」について「神棚の榊の水をかえることと、厨士長に料理の味を教えることだけ」と笑う(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171222 alies 09 Thumbnail 171222 alies 10 Thumbnail 171222 alies 11 Thumbnail 171222 alies 12 Thumbnail 171222 alies 13 Thumbnail 171222 alies 14 Thumbnail 171222 alies 15 Thumbnail 171222 alies 16 Thumbnail 171222 alies 17 Thumbnail 171222 alies 18 Thumbnail 171222 alies 19 Thumbnail 171222 alies 20 Thumbnail 171222 alies 21 Thumbnail 171222 alies 07 Thumbnail 171222 alies 08 Thumbnail 171222 alies 01 Thumbnail 171222 alies 02 Thumbnail 171222 alies 03 Thumbnail 171222 alies 04 Thumbnail 171222 alies 05 Thumbnail 171222 alies 06

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ほんでも200m以下か、これ超すと車みたいに税金とか港湾使用料でも上がるんか?

  2. 200m超の場合は巨大船として扱われ、航行時や停泊時に制限がかかります(例えば
    特に指定された航路の運航や特定時間の運航制限、あるいは資格のある水先案内人の乗船義務など)

  3. 仙台港のフェリーは必ずタグが引いて出港するのは港が狭いせいなんかな?それにしても3、11の緊急出港と津波を乗り越えたフェリーの凄技にはぶったまげたし、あれ遅れたら港で横転してたかもね?この運搬船も最後は人の手で、と言うあたりに難しさが見てとれます。

  4. 航海士って必要あるのか?
    沖までは水先人が乗ってるし、その後は
    船もあまりいないだろうし。
    船長なんて部屋でゴロゴロしてるだけだろw

    機関士さん、ご苦労様です。