巨大な自動車専用船、どう動かす? 日本郵船「アリエス・リーダー」、その操船と動力(写真21枚)

巨大な船は、どのように動かしているのでしょうか。日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」を、操船と動力のふたつの面から眺めます。

巨大な船の動かし方とは

さまざまな計器が並ぶ自動車専用船「アリエス・リーダー」のブリッジ(1分32秒)。

 日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」が2017年12月17日早朝、横浜港に入港しました。日本郵船の船で唯一、環境への対応姿勢を示す緑の「オーロラカラー」(同社のコーポレートアイデンティティ、通常は青色基調)をまとい、普通自動車にして7000台を搭載できる、全長199.98m、全幅35.8m、6万9931総トンの巨大な船です。

171222 alies 01
横浜港に入港する日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。

 その巨体を繋ぎとめるための係船ロープは極めて太く、大黒ふ頭での着岸作業では、船から渡されたロープを軽自動車で引っ張る様子が見られました。

 船と岸壁のあいだに渡されクルマが出入する「ランプ」もまた巨大で、船体2か所に設けられています。その船尾側を「スターンランプ」と称しますが、これを開放しきるのには準備も含めおよそ30分かかるといい、実際に動き始めてから止まるまでにも15分ほどかかっていました。

 これほど大きな船ですが、果たしてどのように動かしているのでしょうか。

 まずは「操船」、すなわちブリッジにおける船の動かし方です。「アリエス・リーダー」が就航したのは2014年5月で、最近の船というくくりにたがわず、その操船は自動化が進んでいます。「ECDIS(電子海図。陸上の地図に相当)」にコースを設定すれば、それにあわせて、GPSやコンパスと連動しつつステアリングギア(舵輪。クルマのハンドルに相当)が自動で舵を切るシステム「TCS(トラックコントロールシステム)」が搭載されています。

この記事の画像をもっと見る(21枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171222 alies 09
  • Thumbnail 171222 alies 10
  • Thumbnail 171222 alies 11
  • Thumbnail 171222 alies 12
  • Thumbnail 171222 alies 13
  • Thumbnail 171222 alies 14
  • Thumbnail 171222 alies 15
  • Thumbnail 171222 alies 16
  • Thumbnail 171222 alies 17
  • Thumbnail 171222 alies 18
  • Thumbnail 171222 alies 19
  • Thumbnail 171222 alies 20
  • Thumbnail 171222 alies 21
  • Thumbnail 171222 alies 07
  • Thumbnail 171222 alies 08
  • Thumbnail 171222 alies 01
  • Thumbnail 171222 alies 02
  • Thumbnail 171222 alies 03
  • Thumbnail 171222 alies 04
  • Thumbnail 171222 alies 05
  • Thumbnail 171222 alies 06

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ほんでも200m以下か、これ超すと車みたいに税金とか港湾使用料でも上がるんか?

  2. 200m超の場合は巨大船として扱われ、航行時や停泊時に制限がかかります(例えば
    特に指定された航路の運航や特定時間の運航制限、あるいは資格のある水先案内人の乗船義務など)

  3. 仙台港のフェリーは必ずタグが引いて出港するのは港が狭いせいなんかな?それにしても3、11の緊急出港と津波を乗り越えたフェリーの凄技にはぶったまげたし、あれ遅れたら港で横転してたかもね?この運搬船も最後は人の手で、と言うあたりに難しさが見てとれます。

  4. 航海士って必要あるのか?
    沖までは水先人が乗ってるし、その後は
    船もあまりいないだろうし。
    船長なんて部屋でゴロゴロしてるだけだろw

    機関士さん、ご苦労様です。