中日本で1番の「SAメシ」は? 各SAが腕を競う「メニューコンテスト」開催

有磯海SA(下り)「越中とやまのやくぜんカレー“豊かな大地 みな穂の恵み”」(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
EXPASA多賀(下り)「近江牛 味ごのみ膳」(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
多賀SA(上り)「まごわやさしい 牛味噌茶漬け御膳」(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
養老SA(上り)「美濃三昧の集い」(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
予選を勝ち抜いた11のSAから、料理人たちが一堂に会しその腕を競う、中日本エリアの「メニューコンテスト」(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
10回を数える「メニューコンテスト」の、決勝審査の様子(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
10回を数える「メニューコンテスト」の、決勝審査の様子(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
中日本エリアNo.1メニューは尼御前SA(上り)の「食べまっし 加賀彩々膳」(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。
審査員の服部幸應さん(写真左)と最優秀賞を獲得した尼御前SA(上り)のスタッフ(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171228 sa 06 Thumbnail 171228 sa 07 Thumbnail 171228 sa 08 Thumbnail 171228 sa 09 Thumbnail 171228 sa 01 Thumbnail 171228 sa 02 Thumbnail 171228 sa 03 Thumbnail 171228 sa 04 Thumbnail 171228 sa 05

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. フォードのサンダバードも、素敵ですね!