バイク=「単車」のナゾ 車輪ふたつなのになぜ?

1947年発売のホンダA型(通称「バタバタ」)。こうした補助エンジン付きバイクのエンジン音に由来し、浜松ではバイクを「ポンポン」と呼ぶこともある(画像:ホンダ)。
側車(サイドカー)付きバイクのイメージ。「単車」という言葉の由来は、側車が関係しているという(画像:写真AC)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180117 tansha 02 Thumbnail 180117 tansha 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ポンポンというと、どうしてもバイクでなくて小型の船(ポンポン船)を思い出してしまう。バタバタはわかりますけど。

  2. 話は単純だと思います。

    単気筒云々とかエンジンシリンダーの数ではなく、また、車輪の数でもなく、他の四輪自動車(貨物の六輪、十輪も含め)や鉄道車両、全ての車輪付きの乗り物と比較して
    轍(わだち)が単線だからだと思います。