バイク=「単車」のナゾ 車輪ふたつなのになぜ?

車輪はふたつなのに、なぜバイクは「単車」と呼ばれることがあるのでしょうか。調べてみると、「単車」以外にも様々な呼び方がありました。

「単車」は「バイク単体」を指す?

 バイクは「単車」と呼ばれることがあります。辞書類でも、「単車」の意味は「オートバイ・スクーターなど、原動機つきの二輪車」(三省堂『大辞林』より)などとされています。

Large 180117 tansha 01
側車(サイドカー)付きバイクのイメージ。「単車」という言葉の由来は、側車が関係しているという(画像:写真AC)。

 車輪はふたつなのに、なぜ「単車」なのでしょうか。モータージャーナリストの伊丹孝裕さんに聞きました。

――バイクはなぜ、いつごろから「単車」と呼ばれているのでしょうか?

 言葉が生まれた時期としては第二次大戦前後です。このころはサイドカー、つまり「側車」付きのバイクが一般的で、これに対しバイク単体で成立していたものを「単車」と呼んだといわれています。ただし、諸説あります。

――ほかにはどのような説があるのでしょうか?

 そのころはバイクのエンジン形式にバリエーションがなかったこともあり、単気筒エンジン(シリンダーがひとつだけのエンジン)の「単」であるとする説、また、「タンタン……」という、高回転しない当時のエンジン音に由来するという説もあります。ただ、さすがに後者は信ぴょう性が薄いとは思います。

※ ※ ※

「単車」は半世紀以上も前に生まれた言葉ではありますが、伊丹さんによると現在でも50代半ば以上の世代では一般的に使われている印象で、「古さ」はあまり感じないといいます。一方、全国でバイクのイベントを主催する日本二輪車普及安全協会(東京都豊島区)にも話を聞いたところ、「(『単車』は)久しぶりに聞きました。やはり『バイク』や『オートバイ』が一般的ではないでしょうか」とのこと。若い世代のあいだでは、あまり使われなくなっているのかもしれません。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180117 tansha 02
  • Thumbnail 180117 tansha 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ポンポンというと、どうしてもバイクでなくて小型の船(ポンポン船)を思い出してしまう。バタバタはわかりますけど。

  2. 話は単純だと思います。

    単気筒云々とかエンジンシリンダーの数ではなく、また、車輪の数でもなく、他の四輪自動車(貨物の六輪、十輪も含め)や鉄道車両、全ての車輪付きの乗り物と比較して
    轍(わだち)が単線だからだと思います。

  3. 昭和36年4月、16歳で初免許は「自動二輪車」でした。
    同年3月末までは「自動二輪側車付」と二種類あったと試験場で聞いた記憶がありました。
    で、私は「側車付」に対し、側車の付いていないものを「単車」と呼称したんではないかと思っていました。
     また、関西では昭和30年頃まで「二輪車」は「ポインター」(新明和工業製造の2輪車)と呼ばれていました。
    なので、私は「単車」派でしたが40年前から「トライアル」競技をやりだしてからは「バイク」派になりました。
     なお、当時関西では「バタバタ」と呼ばれていたのは「三輪車」で5社位が製造していました、これは正にエンジン音からだと思います。ダイハツ・マツダ・みずしま・ジャイアント・クロガネ(水冷EG)・・・あ~懐かしい
     (おまけ)原動機付き自転車許可証(原付50ccまで)は、14歳で各警察署で発行していました。