スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか

2017年10月に限定450台で発売された、トップエンドモデルをうたう「WRX STI」特別仕様車「S208」。ボンネットに穴が見える(2017年10月、大音安弘撮影)。
2017年7月にマイナーチェンジしたスバル「レヴォーグ」のフロントマスク。ボンネットに穴が見える(画像:スバル)。
2017年7月にマイナーチェンジした「WRX S4」のエンジンイメージ。上部にインタークーラーが見える(画像:スバル)。
かつてはボンネットにダクトのあった「フォレスター」だが、2012年11月発売の4代目から姿を消している(画像:スバル)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180129 air 04 Thumbnail 180129 air 01 Thumbnail 180129 air 02 Thumbnail 180129 air 03

関連記事

最新記事