スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか

かつて高性能をうたうクルマのボンネットにはよく穴が空いていましたが、2018年現在、国産車ではスバルのクルマくらいにしか見られません。あの穴はそもそもなにで、そしてなぜスバル車には空いているのでしょうか。

ボンネットの穴、そもそもなんなのか?

 高性能なスバル車の特徴のひとつとして、ボンネットに設けられたダクトを思い浮かべる人も多いはず。もちろん、これは単なる飾りではなく、エアインテーク(空気取り入れ口)として大切な役割を担っています。

Large 180129 air 01
2017年7月にマイナーチェンジしたスバル「レヴォーグ」のフロントマスク。ボンネットに穴が見える(画像:スバル)。

 取り入れられた空気は、エンジン上部に収められた空冷式インタークーラーへと導かれ、インタークーラー内部を通り抜ける「ターボチャージャーに加圧された空気」を冷やし、エンジンに送ることで、エンジンの出力向上と燃料効率を高めてくれます。このため、スバル車でも高性能なターボ車にしか、ボンネット上のダクトは存在しません。

 たしか、昔はほかのメーカーのクルマにもダクトがあったと思われた方もいるはず。確かに、WRCなどのラリーで活躍した、5代目と6代目の「セリカGT-FOUR」などは、横置きの直列4気筒ターボエンジンを搭載していますが、同様にボンネットにダクトが存在しました。これは、スバル車同様に、空冷式インタークーラーをエンジン上部に備えていたため。しかし、近年の他社のターボ車は、もちろんインタークーラーを備えているものの、ボンネットに穴はまず見られません。これは整備性の向上や設計思想の変化などにより、インタークーラーがエンジン前方に設置されるようになったことがあります。

 ではなぜ、スバル車はインタークーラーがエンジンの上なのか。その秘密は、スバル車の特徴のひとつである水平対向エンジンが関係しています。

スバル レヴォーグの中古車情報

U00024957060 001l

排気量
1600cc~2000cc
価格帯
129.8万円~402.0万円

中古車情報を見る

スバル WRXの中古車情報

Uz0024967376 001l

排気量
2000cc
価格帯
168.0万円~842.4万円

中古車情報を見る

スバル フォレスターの中古車情報

Uz0024967363 001l

排気量
1990cc~2500cc
価格帯
4.8万円~338.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180129 air 04
  • Thumbnail 180129 air 01
  • Thumbnail 180129 air 02
  • Thumbnail 180129 air 03

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. ノアがFRの頃のディーゼル車にもあったような?

  2. セリカは水冷インタークーラーです

  3. 昔はなんちゃっての穴や雨でエンジンに水が流れ込んでお釈迦にすることがあったみたいだけどな。

  4. いすゞビックホーンのUBS55と言う型式の4JB1と言うディーゼルターボにイルムシャーやロータスチューンが加わった時にインタークーラーが増備されたてボンネットに穴が空きましたね、何せ当時エルフの15クラスに使っていた2800ccエンジンにターボインタークーラですから当時は度肝抜かれました。今この4J系のエンジンは改良に改良を重ねて4JG2と言う3000ccにまでアップされたポスト新長期規制対応でエルフの主力エンジンですがターボは排ガスクリーンに主に貢献していますが、あまり調子の良いエンジンではありません、因みにエンジン型式の最初の数字は4気筒の4です、確か三菱もシリンダー数を型式の数字で唱っていたと思います。

  5. うちのクルマ(横置きFFターボ軽)は、ボンネットとフロントグリルのスキマからインタークーラー(IC)用の外気入れてる。IC本体はトランスミッションの上。流路も含め、ターボ無し車にはそれだけのスキマが空いてるということか。

    スバルの場合も、SUVのフォレスターは高いボンネットの下にスキマがあり、レヴォーグなどはボンネット下げててスキマ無いという事なのかも。

  6. エンジンがフロントアクスルより前にあるからスペースがないだけだろ、エアコン付いてないWRカーは前置きだったろ。

    • 水平対向だと直列よりもエンジンの上に余裕はあるよね。
      WRカーの様に最前面の方が、冷えが良い=ICを小さく軽く出来るとか、重心を下げれるとかはあるだろうけど。

    • 記事の著者自身がクルマを良くわかってないかも、というのは認める。大ウソ↓が書いてあった。後方に収めてんのはBRZ(NAで本題と無関係)だけでしょーが。

      「スバルでは、この特徴を活かし、重いエンジンを低く、そしてエンジンルーム後方に収めることで低重心化と運動特性向上を図っています。」