ヤマハ「モトロイド」は「生きもの」たるか 開発者に聞く、その目指すところとは

自律システム「AMCES」の概要図。軸を中心に青い部分が回転しバランスをとる。可動する車体中央下部におもりの役割を果たすバッテリーを搭載(画像:ヤマハ発動機)。
「東京モーターショー2017」のヤマハブースにて。柳前社長と「モトロイド」。
「モトロイド」開発に携わった、ヤマハ発動機 技術本部の浅村欣司主査(右)と、川島雅也主事(2018年1月31日、大西紀江撮影)。
「モトロイド」開発の最初のコンセプトは「乗りものの生きもの化」だったという(画像:ヤマハ発動機)。
「モトロイド」開発の最初のコンセプトは「乗りものの生きもの化」だったという(画像:ヤマハ発動機)。
「モトロイド」開発の最初のコンセプトは「乗りものの生きもの化」だったという(画像:ヤマハ発動機)。
「AMCES」の要、本体中央下部のおもり部分。バッテリーの重さを利用して車体のバランスをとっている(画像:ヤマハ発動機)。
「モトロイド」のジェスチャーコントロールは「実際にやると愛着が深まるんですよね」と話す浅村さん(2018年1月31日、大西紀江撮影)。
「モトロイド」の目、フロント部分の2眼カメラ。顔認証やジェスチャーの認識を行う(画像:ヤマハ発動機)。
「モトロイド」の開発には『人と機械の関係性を変える』というテーマもあったという川島さん(2018年1月31日、大西紀江撮影)。
「モトロイド」のシート部分、ライダーとの一体感を生む「ハプティックHMI Rear」。1号機「鉄骨くん」、2号機「クララ」を経ての「03」(画像:ヤマハ発動機)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180213 motroid 08 Thumbnail 180213 motroid 01 Thumbnail 180213 motroid 02 Thumbnail 180213 motroid 09 Thumbnail 180213 motroid 10 Thumbnail 180213 motroid 11 Thumbnail 180213 motroid 03 Thumbnail 180213 motroid 04 Thumbnail 180213 motroid 05 Thumbnail 180213 motroid 06 Thumbnail 180213 motroid 07

関連記事

最新記事