欧州戦闘機が米露とひと味違うワケ 前翼+三角翼、なぜこの組み合わせが多いのか

「グリペン」はタイ空軍で採用されている(2017年、石津祐介撮影)。
着陸態勢に入るラファール(2017年、石津祐介撮影)。
タキシングするラファール(2017年、石津祐介撮影)。
スペイン空軍のユーロファイター(2016年、石津祐介撮影)。
ミサイルなど武装を装備したユーロファイター(2016年、石津祐介撮影)。
カナード翼と水平尾翼を備えたマレーシア空軍のSu-30(2017年、石津祐介撮影)。
カナードを持つフランスの主力戦闘機「ラファール」(2017年、石津祐介撮影)。
イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン4か国共同開発の「ユーロファイター」(2016年、石津祐介撮影)。
CCV設計の無尾翼デルタ機ダッソー「ミラージュ2000」(2016年、石津祐介撮影)。
CCVの技術研究のためにカナード翼を取付けたT-2(1985年、後藤丈志撮影)。
水平尾翼を持たないスタイルの「ユーロファイター」(2016年、石津祐介撮影)。
スウェーデンの「グリペン」。「ユーロファイター」や「ラファール」とは異なりエンジンは単発(2016年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180226 euro 07 Thumbnail 180226 euro 08 Thumbnail 180226 euro 09 Thumbnail 180226 euro 10 Thumbnail 180226 euro 11 Thumbnail 180226 euro 12 Thumbnail 180226 euro 01 Thumbnail 180226 euro 02 Thumbnail 180226 euro 03 Thumbnail 180226 euro 04 Thumbnail 180226 euro 05 Thumbnail 180226 euro 06

関連記事

最新記事