【日本の高速鉄道 その誕生と歴史】第5回「戦後の東京~大阪間」

東海道本線全線電化・青大将

 日本の経済復興は目覚ましいスピードで進み、昭和31年(1956年)になると、遂に東海道本線・東京~大阪間の全線電化が完了し、それまでEF58形電気機関車とC59・C62形蒸気機関車などで牽引していた「つばめ」「はと」は、全区間、EF58形電気機関車の通し運転となりました。所要時間はさらに30分短縮され、7時間30分で東京~大阪間は結ばれました。

 これに合わせ、充当される機関車と客車がすべて淡い緑色に塗られ、その外観から「青大将」と呼ばれるようになりました。

Large 20140825 aodaisho
大宮総合車両センターで一般公開された、青大将カラーに塗られたEF58型電気機関車(写真左)

 長距離列車は、動力集中方式と呼ばれる、機関車の牽引する客車列車というのが当時の常識で、淡い緑色に車体を染めた「つばめ」「はと」は、その最たる例として東海道本線に君臨しました。しかしその活躍期間は、意外なほど短命に終わります。80系に端を発する、動力分散方式の電車による長距離列車計画が、その裏側で進められていたのです。

 また、この頃になると東海道本線の輸送力は限界に近づきつつあり、需要の増加は止まることを知らず、輸送力を高めていくための調査も、始められていました。

【第6回:狭軌での可能性を探るに続く】

この記事の写真一覧

Writer: 赤野 克利

最新記事

コメント