時価総額10億円超? ランボルギーニ58台が都内を疾走

憧れのスーパーカー「ランボルギーニ」。最新型「アヴェンタドールLP750-4 SV」の発表に合わせ、歴代のランボルギーニ58台が東京都内をパレードランしました。

懐かしの「ミウラ」から最新の「ウラカン」まで

 イタリアのスーパーカー「ランボルギーニ」。最新型「アヴェンタドールLP750-4 SV」の発表に合わせ、歴代のランボルギーニ58台が2015年9月11日(金)、東京都内でパレードランを行いました。

150912 ranbo 01
「ミウラ」「カウンタック」から「ウラカン」まで、58台のランボルギーニが集結(2015年9月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

 全国のランボルギーニ正規ディーラーの協力のもと、ランボルギーニの熱烈なオーナーたちが自慢の愛車をピカピカに磨き上げてパレードへ参加。“スーパーカーブーム”を牽引した「カウンタック」「ミウラ」から、最新型の「アヴェンタドール」「ウラカン」まで、ランボルギーニの長い歴史を象徴するかのように、新旧様々なクルマが集結しました。計58台、仮に1台2000万円と見積もっても、全部で11億6000万円相当になります。

 パレードランは、明治神宮外苑にある聖徳記念絵画館がスタート地点。そして青山通りから表参道、原宿、渋谷を抜けて、再び聖徳記念会館へ戻るルートで行われました。ランボルギーニが次々と走り去る迫力の光景は、輸入車を見慣れた都会の通行人もさぞ驚いたことでしょう。

 パレードの終了後、最新のランボルギーニである「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」がお披露目されました。このクルマ、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/h以上でランボルギーニ史上最速とのことですが、お値段も4795.5万円(税抜)と、かなり高価になっています。

【了】

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 庶民には夢の話。