〈PR〉『A列車で行こう9 JR東海パック』12月登場 富士山麓を新幹線が駆け抜ける

鉄道がテーマの経営ゲーム『A列車で行こう』。その最新版に、JR東海の車両や沿線風景が楽しめる拡張キット『JR東海パック』が登場します。

「A列車で行こう」最新版にJR東海の車両・風景を追加

 プレイヤーが鉄道会社の社長になり、線路を敷いて列車を運行させながら、街を発展させる経営ゲーム。それが『A列車で行こう』シリーズです。アートディンクが1985(昭和60)年12月に第1作を発売。それ以来、バージョンを追うごとに進化を続け、多くのファンを獲得しています。今年2015年6月19日には、その最新版となる『A列車で行こう9 Version 4.0 MASTERS EDITION』が登場しました。

 そしてこのほどアートディンクより、『A列車で行こう9 Version 4.0 MASTERS EDITION』を拡張する追加キット『A列車で行こう9 JR東海パック』のリリースが告知されました。発売は12月11日(金)の予定です。

151128 atrain 01
『A列車で行こう9 Version 4.0 MASTERS EDITION』専用の拡張キット『A列車で行こう9 JR東海パック』(以下、すべての画像提供はアートディンク)。

 ファン待望の『A列車で行こう9 JR東海パック』。その見どころ、楽しみどころをご紹介しましょう。

東海道新幹線の歴代車両をラインナップ

 今回リリースされる『A列車で行こう9 JR東海パック』でまず注目されるのは、シリーズ初登場となる東海道新幹線の車両です。

 旅客車両は0系・100系・300系・700系・N700系と、歴代の東海道新幹線が揃います。日本の鉄道シーンに大きな足跡を残すこの名車たちが、細部のディティールにまでこだわって3Dグラフィック化されており、それをプレイヤーは思いのままに走らせることができるのです。

151128 atrain 02
細部のディティールにこだわって再現された歴代の東海道新幹線。

『A列車で行こう9 JR東海パック』では、新幹線に“らしさ”を加えてくれる情景も新たに追加されました。「高速鉄道用軌道」は、高架橋や線路の枕木などの表現に実物の雰囲気を反映。車両と合わせて“新幹線”の特別な世界観を再現できるのは嬉しいところです。

151128 atrain 03
新幹線を在来線と差別化できる「高速鉄道用軌道」。

 また在来線の旅客車両は、特急形から普通列車用までをラインナップ。電車は311系・313系・373系・383系・213系が収録され、ディーゼルカーはキハ11形・キハ25形・キハ40系・キハ75形・キハ85系が取り揃えられました。

 都市部の通勤・通学輸送や、華やかな観光地への旅、そしてのどかなローカル線の日常など、JR東海管内では鉄道が実にさまざまな表情を見せます。『A列車で行こう9 JR東海パック』に収録されたJR東海の在来線車両を使えば、ユーザーそれぞれの心に響くお気に入りの路線風景が見つけられることでしょう。

151128 atrain 04
JR東海管内の多彩な鉄道風景を走り抜ける在来線車両。

レア車両をじっくり鑑賞できる楽しみも

『A列車で行こう9 JR東海パック』では、旅客車両のほかにも、普段は目にする機会が少ない事業用車両まで収録。走りながら線路設備を検査する“新幹線のお医者さん”「ドクターイエロー」は、新旧の2車種(922形・923形)が用意されました。

 10日に1回程度しか運転されず、めったに見られないことから「会えると幸せになれる」ともされる「ドクターイエロー」。そのレアな姿をじっくり鑑賞できるのは、『A列車で行こう9 JR東海パック』ならではのことです。

151128 atrain 05
新旧の「ドクターイエロー」を収録。レアな姿をじっくり鑑賞できる。

『A列車で行こう9 JR東海パック』では、やはりレアな存在として知られる在来線の事業用車両も楽しめます。「ドクターイエロー」の在来線版で「ドクター東海」の愛称を持つキヤ95系ディーゼルカーや、在来線のレール運搬を専門に行うキヤ97系ディーゼルカーがそれで、制作陣の強いこだわりには驚くばかりです。

151128 atrain 06
キヤ95系・キヤ97系も収録。在来線の事業用車両にも抜かりはない。

新幹線で誰もが思い浮かべるあの風景

 日本の鉄道風景として、多くの人が脳裏に思い浮かべるもの。それは富士山をバックに疾走する東海道新幹線の姿ではないでしょうか。『A列車で行こう9 JR東海パック』では、それを再現することがかなうのです。

 富士山は、ユーザーが自分で創るマップ内に表示することが可能。さらに、富士山のある街をテーマにしたシナリオ「名山そびえ立つ街」も新規に登場しました。富士の麓で新幹線を開通させ、街の発展を目指すというロマンあふれる設定に、挑戦意欲がかき立てられます。

151128 atrain 07
マップには富士山の表示機能が。富士山がテーマのシナリオ「名山そびえ立つ街」も用意。

 さて『A列車で行こう』シリーズは、そのリアルさもさることながら、随所に遊び心がちりばめられているのが面白いところ。ファンをひきつけてやまない理由は、そうした部分もあるでしょう。

 今回リリースされる『A列車で行こう9 JR東海パック』でも、遊び心は健在。ゲーム内に、収録車両を並べて展示できる「鉄道博物館III」があります。各地で鉄道系の博物館が充実し、人気を集めている近年。皆さんも鉄道経営のかたわらで、自分だけの鉄道博物館を運営するという、一風変わった体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

151128 atrain 08
車両を展示できる「鉄道博物館III」も。その遊び心が楽しい。

 この『A列車で行こう9 JR東海パック』は、Windows10/8.1/8/7/Vista/XPに対応。
使用するPCに『A列車で行こう9 Version 4.0 MASTERS EDITION』がインストールされている必要があり、価格は3800円(税別)です。

151128 atrain 09
『A列車で行こう9 JR東海パック』は12月11日(金)発売予定。

A列車で行こう9 JR東海パック

【了】

この記事の写真一覧

最新記事