〈PR〉F1(FOM)公認! 歴代名車の「物語」と「モデル」をその手に 隔週刊『F1マシンコレクション』創刊 デアゴスティーニ・ジャパン

デアゴスティーニ・ジャパンは、およそ60年にわたるF1の歴史にその名を刻む名車を、43分の1スケールのダイキャストモデルでコレクションしていくマガジン、隔週刊『F1マシンコレクション』の刊行を開始します。

F1史に輝く名車をコンストラクターの枠を超えてラインナップ

 デアゴスティーニ・ジャパン(東京都中央区)は、2017年1月10日(火)より隔週刊『F1マシンコレクション』を全国書店および同社ホームページにて発売します。これはF1歴代マシンのIXO社製FOM(Formula One Management)公認43分の1スケールダイキャストモデルが毎号ひとつずつ付属し、そのマシンやドライバーなどを紹介するというマガジンシリーズで、全90号を予定しています。

161228 f1 01
創刊号はアイルトン・セナの「マクラーレン ホンダMP4/4」(乗りものニュース編集部撮影)。

 創刊号は、1988(昭和63)年のワールドチャンピオン、アイルトン・セナがステアリングを握った、「マクラーレン ホンダMP4/4」をフィーチャー。このシーズンはターボエンジンの全盛期で、マクラーレン ホンダはセナおよびチームメイトであるアラン・プロストのドライブにより、グランプリ全16戦中15勝を飾りました。ちなみに唯一逃した1戦は、同年9月11日に開かれた「第12戦イタリアグランプリ」で、ゲルハルト・ベルガーの駆る「フェラーリF187/88C」が優勝。イタリアの地元チームであるスクーデリア・フェラーリが、ホームレースで一矢報いたレースでした。

161228 f1 02
雨のレースに強かった中嶋悟の、デビューイヤー搭乗マシン「ロータス99T」(乗りものニュース編集部撮影)。

 第2号は日本人初のフルタイムF1ドライバー中嶋悟が、デビューイヤーである1987(昭和62)年に駆った「ロータス99T」で、7月12日に開かれた「第7戦イギリスグランプリ」では4位入賞を果たしました。同レースでは1位から4位まで、ウィリアムズとロータスのホンダエンジンを搭載したマシンが独占。またシーズンを通しても、両チームあわせて16戦中11勝を挙げるなど、ホンダエンジン搭載車が大活躍した1年になりました。なおこの年、ロータスで中嶋のチームメイトを務めたのは、前出のアイルトン・セナです。

 マガジンでは、こうした毎号付属のモデルが活躍したシーズンの詳細や、ドライバーの経歴、グランプリでの活躍、印象に残る名勝負などを様々な観点から解説。それぞれの時代にマシンへ注ぎ込まれた最新テクノロジーなども、写真を交えつつ詳説します。

161228 f1 03
セバスチャン・ベッテルがドライブしワールドチャンピオンを獲得した2013年の「レッドブルRB9」は、第11戦「ベルギーブランプリ」から最終戦「ブラジルグランプリ」まで9連勝を記録(乗りものニュース編集部撮影)。

 もちろん、ワールドチャンピオンを飾ったナイジェル・マンセルやアラン・プロスト、ミハエル・シューマッハー、ニキ・ラウダ、セバスチャン・ベッテルといったドライバー&マシンのみならず、上記の中嶋のように、日本のF1ファンになじみ深いドライバー&マシンなどもラインナップされ、その年代も草創期から2010年代まで幅広くカバーします。F1ファンにはおなじみの、そして若いファンやよく知らない人は驚愕必至の、1977(昭和52)年にジョディ・シェクターがドライブしたあの「ティレル(てぃれる)P34/2」も第10号で登場します。

161228 f1 04
同じドライバ―でも、たとえばルイス・ハミルトンは「マクラーレンMP4/23」に加え、「メルセデスF1W05」をラインナップする(乗りものニュース編集部撮影)。

 編集部では、いちはやくダイキャストモデルの実物を確認。精巧なデカールの再現や、重みのある車体に、手に取る楽しさを感じました。また、このスケールのモデルとしては比較的安価に手に入る点も、コレクションという意味では大きいでしょう。

161228 f1 05
歴代のワールドチャンピオンやコンストラクターズチャンピオン(チームに与えられるタイトル)マシンのみならず、人気の車種をラインナップ(乗りものニュース編集部撮影)。

 なお、創刊号から第25号までの購読者全員に付属モデルが20台飾れる『F1マシンコレクション』専用ディスプレイケースが、そして2017年2月26日(日)までの定期購読申込者全員には上記「ロータス99T」のアイルトン・セナモデルがプレゼントされます。

161228 f1 06
創刊号は999円(税込)。全90号の刊行を予定している(写真出典:デアゴスティーニ・ジャパン)。

 創刊号は特別価格999円(税込)、第2号以降は通常価格2490円(税込)で、全国の書店や商品ウェブサイトにて発売予定です。15号ぶんづつを綴れるバインダーは通常価格1328円(税込)ですが、2017年1月10日(火)から同年6月末日までは特別価格699円(税込)で販売予定です。

隔週刊『F1マシンコレクション』公式ウェブサイトhttp://deagostini.jp/f1c/

【了】

この記事の写真一覧

最新記事