日本最長約30kmの「私道」! 行き交うクルマも規格外、なぜできた?(画像8枚)

宇部市の臨海部で厚東川(ことうがわ)をまたぐ「興産大橋」も、専用道路の一部(画像:宇部興産)。
専用道路を走るスカニア社(スウェーデン)製ダブルストレーラー(画像:宇部興産)。
美祢付近の航空写真(2013年)。石灰石鉱山のふもとに伊佐セメント工場がある(国土地理院の空中写真を加工)。
山地を貫く「宇部興産専用道路」(国土地理院の空中写真を加工)。
宇部市臨海部の航空写真(2009年)。右下の黒い部分は貯炭場(国土地理院の空中写真を加工)。
国土地理院の地図にも「宇部興産専用道路」の名が(国土地理院の地図を加工)。
JR美祢線ではかつて、石灰石を運ぶ貨物列車の走る姿が見られた(1991年、恵 知仁撮影)。
「日本一長い私道」を走る米ケンワース社製のダブルストレーラー。全長約30m、積載状態の総重量は117t、タイヤの数は34本(画像:宇部興産)。
宇部興産専用道路は、鉱山やセメント工場がある山口県美祢市と、港を擁する宇部市を結ぶ(国土地理院の地図を加工)。
中央が宇部興産専用道路。一般的な私道のイメージとはスケールがちがう(画像:宇部興産)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170329 ubekosan 04 Thumbnail 170329 ubekosan 05 Thumbnail 170329 ubekosan 06 Thumbnail 170329 ubekosan 07 Thumbnail 170329 ubekosan 08 Thumbnail 170329 ubekosan 09 Thumbnail 170329 ubekosan 10 Thumbnail 170329 ubekosan 01 Thumbnail 170329 ubekosan 02 Thumbnail 170329 ubekosan 03

関連記事

最新記事