日本最長約30kmの「私道」! 行き交うクルマも規格外、なぜできた?(画像8枚)

宇部市の臨海部で厚東川(ことうがわ)をまたぐ「興産大橋」も、専用道路の一部(画像:宇部興産)。
専用道路を走るスカニア社(スウェーデン)製ダブルストレーラー(画像:宇部興産)。
美祢付近の航空写真(2013年)。石灰石鉱山のふもとに伊佐セメント工場がある(国土地理院の空中写真を加工)。
山地を貫く「宇部興産専用道路」(国土地理院の空中写真を加工)。
宇部市臨海部の航空写真(2009年)。右下の黒い部分は貯炭場(国土地理院の空中写真を加工)。
国土地理院の地図にも「宇部興産専用道路」の名が(国土地理院の地図を加工)。
JR美祢線ではかつて、石灰石を運ぶ貨物列車の走る姿が見られた(1991年、恵 知仁撮影)。
「日本一長い私道」を走る米ケンワース社製のダブルストレーラー。全長約30m、積載状態の総重量は117t、タイヤの数は34本(画像:宇部興産)。
宇部興産専用道路は、鉱山やセメント工場がある山口県美祢市と、港を擁する宇部市を結ぶ(国土地理院の地図を加工)。
中央が宇部興産専用道路。一般的な私道のイメージとはスケールがちがう(画像:宇部興産)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170329 ubekosan 04 Thumbnail 170329 ubekosan 05 Thumbnail 170329 ubekosan 06 Thumbnail 170329 ubekosan 07 Thumbnail 170329 ubekosan 08 Thumbnail 170329 ubekosan 09 Thumbnail 170329 ubekosan 10 Thumbnail 170329 ubekosan 01 Thumbnail 170329 ubekosan 02 Thumbnail 170329 ubekosan 03

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 今は走っていないと思いますが、その昔知人が興産道路で”トリプルトレーラー”を運転していました。
    (ダブルストレーラーの後ろに、同型のがもう1つ牽引されている。仮にダブルスが80tなら単純計算でトリプルは120tという事でしょうか。写真、実家にあったかなぁ~?)
    走っていないと思うというのは、私が知る限りでは件のトリプルトレーラーを運転できる人がいなくなったと聞いています。
    知人から聞いた話しでは「バックが難しい。2両目までは人でコントロールするが、最後の3両目はCPUが操作する。それを予測してハンドルを切っていかないと、とんでもないところに突っ込んでしまう。」との事でした。
    今は私的な理由により引退されているようですが、現役時にもっと話を聞いておけば良かったなぁと思っています。

    • 貴重なお話ありがとうございます。

  2. 先月、宇部興産の設備機械の改造の仕事で2週間ほど行っていました。毎日専用トラックをみ見てたので懐かしいです。さすがトリプルは見かけませんでした。でも目の前で見るとでかいですよ。

  3. 知らなかったこんな道路が日本にあったなんて

  4. 30数年前、学校の工場見学会で興産道路を通った時に大きさを実感しました。公道の中国自動車道が興産道路を避けている事も凄いです。最近ではプーチン大統領の送迎車も利用したそうです。

  5. 当初は国鉄が運んでいた。地図でわかる通り両方に線路は通じている。
    運賃の値下げ交渉に応じなかったので自社で道路を作ったと想像する。
    私道なので固定資産税もかなりの金額だろう。宇部興産の決断は確かにすごいが、大口顧客を失った国鉄の失態も見える。

  6. ココ利用して、フルマラソンなんかいかが? でしょ〜か。

  7. ここを走るトラックなら公道車に先駆けて完全自動運転に踏み切れそうだな