変わる東海道新幹線の夏 初めて「上着なし」に JR東海、接客制服25年ぶり一新

名古屋駅で、旧制服(合服)の運転士から、上着のない新制服(夏服)の運転士へ引き継がれる新幹線(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
新幹線乗務員用の新しい制服。
現場長用の新しい制服。
在来線乗務員・駅・指令担当の新しい制服。
名古屋駅の在来線ホームで見られた、夏服どうしで旧制服から新制服へバトンタッチした光景(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
駅係員の制服も、在来線乗務員や指令員と同じく刷新された。
「三世代の鉄道」がイメージされたJR東海の30周年記念ロゴマーク。
JR東海のこれまでの現場長等・新幹線乗務員制服。夏服はオフホワイト、冬は濃紺色のダブルスーツ(画像:JR東海)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170601 jrtokai 01 Thumbnail 170601 jrtokai 02 Thumbnail 170601 jrtokai 03 Thumbnail 170601 jrtokai 04 Thumbnail 170601 jrtokai 05 Thumbnail 170601 jrtokai 06 Thumbnail 170601 jrtokai 07 Thumbnail 170601 jrtokai 08

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 夏に濃紺というのは何とかならなかったのか?

  2. 新幹線や駅長さんの白いスーツが特別感バリバリで格好よかったんだけど残念
    ダブルも特別感はまああるけど、民営化の波がとうとう制服にも来たのかな・・・と言う感じ