米海軍の軽空母、なにをもって「軽」なのか 新型導入検討もサイズは実にアメリカン!

2017年7月22日に就役したジェラルド・R・フォード級ネームシップ「ジェラルド・R・フォード」。航空要員含めおよそ4700名が乗り組む(画像:アメリカ海軍)。
奥から軽空母インヴィンシブル(英)、正規空母フォレスタル(米)、強襲揚陸艦ワスプ(米)、軽空母プリンシペ・デ・アストゥリアス(西)(画像:アメリカ海軍)。
「週刊空母」と呼ばれたカサブランカ級のネームシップ「カサブランカ」。護衛空母(escort aircraft carrier)と分類され、船団護衛を主務とした(画像:アメリカ海軍)。
「ミッドウェイ」は第二次世界大戦末期に進水、F4Uコルセア等戦闘機133機という破格の搭載数を誇った。1992年まで横須賀に配備され退役(関 賢太郎撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170728 kei 04 Thumbnail 170728 kei 01 Thumbnail 170728 kei 02 Thumbnail 170728 kei 03

関連記事

最新記事