66kmの渋滞も お盆期間の高速道路、昨年より渋滞回数増加 交通量は1%減

2017年お盆期間における高速道路の渋滞回数は、昨年同時期より増加した(画像:NEXCO中日本)。
2017年のお盆期間における高速道路の交通量は、昨年同時期と比べ約1%減少。写真はイメージ(画像:PaylessImages/123RF)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170817 obonjyutai 02 Thumbnail 170817 obonjyutai 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 最近の高速の事故、“なんでこんな走りやすいところ、見通しのよいところで?”というケースが非常に多いような気がする。いや、多いよ絶対。

    • 走りやすいからスピードが出るんでしょう。

    • 人の一生のごとく視界の開けてる場所で全く遠くを見てない証、かと言って足元を注視しているわけでもない、要は速く走ることが運転技術だと勘違いしているから巻き戻しても想像つかん事故り方をするだけの話、自分の未熟さを知れば普通は飛ばさないし、第一に自動ブレーキとか?車を止めるは自らだ!と言うドライバーの認識あってこその技術ですよ。