66kmの渋滞も お盆期間の高速道路、昨年より渋滞回数増加 交通量は1%減

国土交通省とNEXCO3社、本四高速が2017年のお盆期間における高速道路の交通状況(速報)を発表。最長の渋滞は65.8kmでした。

10km以上の渋滞は532回発生

 国土交通省とNEXCO3社、本四高速は2017年8月17日(木)、このお盆期間における高速道路の交通状況(速報)を発表しました。

170817 obonjyutai 01
2017年のお盆期間における高速道路の交通量は、昨年同時期と比べ約1%減少。写真はイメージ(画像:PaylessImages/123RF)

 8月5日(土)から16日(水)までの交通量(全国高速道路40区間の平均)は、昨年の同じ時期に比べ約1%減少。一方、10km以上の渋滞発生回数は532回で、昨年と比べ37回増加しました。なお、30km以上の渋滞は41回で昨年より6回減少しています。

 今年のお盆期間における各社での特に長い渋滞は次のとおりです。

●NEXCO東日本
・6日(日)17時15分ごろ、関越道上り・鶴ヶ島IC付近50.2km、交通集中・事故
・15日(火)15時10分ごろ、関越道上り・鶴ヶ島IC付近49.0km、交通集中・事故
・11日(金・祝)7時20分ごろ、関越道下り・花園IC付近48.4km、交通集中・事故
●NEXCO中日本
・11日(金・祝)7時10分ごろ、東名高速下り・都夫良野(つぶらの)トンネル付近65.8km、事故・交通集中
・13日(日)10時00分ごろ、中央道下り・上野原IC付近46.7km、交通集中
・13日(日)18時35分ごろ、中央道上り・八王子JCT付近42.5km、交通集中・事故
●NEXCO西日本
・11日(金・祝)17時40分ごろ、名神高速下り・京都東IC付近38.7km、交通集中
・13日(日)18時30分ごろ、九州道上り・古賀SA付近30.8km、交通集中・事故

 お盆期間の交通量と渋滞回数のピークは、下り線が11日(金・祝)、上り線が13日(日)でした。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170817 obonjyutai 02
  • Thumbnail 170817 obonjyutai 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 最近の高速の事故、“なんでこんな走りやすいところ、見通しのよいところで?”というケースが非常に多いような気がする。いや、多いよ絶対。

    • 走りやすいからスピードが出るんでしょう。

    • 人の一生のごとく視界の開けてる場所で全く遠くを見てない証、かと言って足元を注視しているわけでもない、要は速く走ることが運転技術だと勘違いしているから巻き戻しても想像つかん事故り方をするだけの話、自分の未熟さを知れば普通は飛ばさないし、第一に自動ブレーキとか?車を止めるは自らだ!と言うドライバーの認識あってこその技術ですよ。