自転車は公共財へ? 広まる自治体のシェア自転車、利用が激増した都内6区の取り組み

170912_sharecycle_03.jpg 個人向けに1回会員、月額会員、1日パス、このほか法人向けプランもある(画像:ドコモ・バイクシェア)。
東京都千代田区のシェア自転車「ちよくる」のサイクルポート。近隣の他区でも同様のサービスが導入されている(2017年9月、中島洋平撮影)。
富山市のシェア自転車ステーション。フランス企業の子会社シクロシティが運営している(2016年8月、中島洋平撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170912 sharecycle 03 Thumbnail 170912 sharecycle 01 Thumbnail 170912 sharecycle 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 確かにこれなら不法駐輪もある程度どうにかなりそうですが、乗り逃げや盗難の危険はありますね。

  2. 行政は自転車マナー悪化をよく促進できるね。
    今や自転車は車以上の公共交通機関の敵に変わりつつあるのに補完とか言うなんてあり得ない。
    シェアサイクルなんてやっても鉄道利用者が自転車にシフトするだけでお話しにならない。

    観光地の自動車規制も大事だが、違法駐輪の多い地区にはバスや電車を促進させる為に自転車規制も必要ではないかと思う。
    実際、自転車促進でマナーの悪い自転車の増加や公共交通機関離れを悪化させるだけだといい加減、気付け。

    勿論、観光地には自動車も自転車も規制しながら鉄道の敷居を下げた方が景観を良くするのは言うまでもない。
    自転車規制は歩行者が歩きやすくする政策にもなれます。

  3. 港区の事業開始は2014年の8月ですね。

    • ご指摘ありがとうございます。
      公式に発表されている2014年10月に訂正いたしました。