高速バス、座席指定できる? できない? 会社ごと異なる考え方、ハード面も影響?

平成エンタープライズが運行する「VIPライナー」予約サイトにおける座席指定画面の例。位置により料金が異なっている(画像:平成エンタープライズ)。
4列シートのバス車内。写真はイメージ(画像:写真AC)。
ウィラーの3列シート「ラクシア」(2016年9月、中島洋平撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171027 zasekishitei 03 Thumbnail 171027 zasekishitei 01 Thumbnail 171027 zasekishitei 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. まあ最近は男性を除けることで安心な乗り物を演出する会社ばかりだからね、任意の指定なんて欠片のサービス程度と考えりゃいいんじゃないですかね

  2. 男性を除けることを女性に対して売りにしてる会社も多いしね、しかし逆に定員の多い4列シートで女性の隣を女性の為に席を取り置きされたら乗り合いバスとしても男性は乗車の機会が削られるよね

  3. そうか、“指定”の主語が違うのか。
    お客じゃなく、事業者が“おい、ここに座れ”ということで“座席指定制”なのか。

    15年位前までのChanceがまさにこれだったんだよね。

  4. 所詮バス。
    そんなもので贅沢言うもんではない。

  5. 隣に異性が来たら嫌な人はそもそも4列シートのバスには乗らないだろうから、任意の座席指定はできた方がいいと思う

  6. これに加えて高速バスは立ち席定員が認められないので座席定員という規則もあるし、だからそこに属性で座れない席となってくると運送規約と会社独自のサービスではどちらが優先?とも思いますがね