国産輸送機C-2、国際デビューのその先 ライバルはエアバス! 国際市場での勝算は?

C-1輸送機の後継機として開発され、2016年度に開発完了。C-1に比べ、約4倍の航続距離、約3倍の搭載重量を誇る(乗りものニュース編集部作成)。
国産の川崎重工C-2輸送機。「ドバイ航空ショー」における展示にあわせて自衛隊唯一の海外基地が存在するジブチへも向かう(画像:防衛省)。
イギリス空軍アクロバットチーム「レッドアローズ」と編隊飛行するA400M「アトラス」。すでに174機を受注している(関 賢太郎撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171117 c2 03 Thumbnail 171117 c2 01 Thumbnail 171117 c2 02

関連記事

最新記事