新型「N700S」新幹線の着雪対策をN700系の営業車両で試行 JR東海

融雪ヒーター付きフサギ板の概要(画像:JR東海)。
新型車両「N700S」で採用予定の着雪対策(画像:JR東海)。
台車カバーの形状改良の概要(画像:JR東海)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171128 jrcn700ssnow 03 Thumbnail 171128 jrcn700ssnow 01 Thumbnail 171128 jrcn700ssnow 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. こんにちは鉄道ファンの鈴木です新型車輛
    N700S僕はすごく楽しみに待ってますなんせ
    0系時代から生きてきた鉄道ファンですから
    現在N700Aもすごく好きです新型車輛楽しみに待ってますます

  2. 車両側の対策も大事ですが、それなりの距離はありますが、米原、関ヶ原区間のスノードーム化などの対策は取れないのですかね。