阪神・淡路大震災で被災した道路構造物を特別公開 阪神高速

特別公開日は、阪神電鉄深江駅~震災資料保管庫間でシャトルバスの運行を予定。車での来場も可能だが、駐車スペースに限りがあり(画像:阪神高速)。
被災した道路構造物が保存されている「震災資料保管庫」のイメージ(画像:阪神高速)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171225 hansindourosiryou 02 Thumbnail 171225 hansindourosiryou 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. あの間一髪の三菱FUSOのバスはどうしたんだろ

    • 運転士さんはどこかの私立高校の野球部バスの運転士転職したそうだけど。
      (もう退職したかもだが)

    • 現役に復帰して地震当時と同じ会社で普通のバスと同じ寿命いっぱいまで使われた、みたいな写真週刊誌記事を見た気がする(引退間際のころに)。「間一髪で助かった幸運のバス」みたいに思われて御指名でチャーターする顧客が居た、とか。

  2. こういう所を修学旅行の旅行先に組み込むべきなのに。あるいは海外からの訪問スポットとかにも。もしくは国立災害資料館(閉鎖された学校や博物館改造でも可能)を作るとか。