焼きいもにショートケーキ、なぜ飲料化? 駅ナカ自販機に風変わりドリンクが並ぶワケ

JR東日本の駅構内で見られる自動販売機「アキュア」。おなじみの飲料メーカーの商品にまじり、独自開発商品が並ぶ(2018年1月、乗りものニュース編集部撮影)。
オリジナリティあふれる「焼きいもだより」「贅沢バニラミルク」「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」(画像:JR東日本ウォータービジネス)。
「贅沢バニラミルク」の人気で世に出ることになった「贅沢バニラミルク いちごミックス」(画像:JR東日本ウォータービジネス)。
ディスプレイにタッチして商品を購入できるデジタルサイネージ型自販機。購入者の年代や性別に応じおすすめ商品を表示する機能も(2018年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180111 jracure 01 Thumbnail 180111 jracure 02 Thumbnail 180111 jracure 03 Thumbnail 180111 jracure 04

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. あれ?焼きいも味って、確か、なんかの4コママンガの中であった気がしたぞ。気のせいかな。

  2. 関東の人はこんなおかしなものが飲めるのに、ミックスジュースは飲めないんだね。
    あ、そうそう、ミックスジュースをフルーツのスムージーって出したら喜んで飲んでたけどね。
    旨い旨いって連呼して。

  3. 普通に食べ物自販機を販売すれば良いと思う。
    東海道線などではアイスの自販機もあったからそちらの方が大事だと思います。