「レトロ自販機」なぜ存続可能? うどんやハンバーガーのアレ まだ現役のワケ

レトロ自販機によく見られるニキシー管を用いた待ち時間表示(2014年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
自販機食堂の様子(画像:オレンジフード)。
自販機食堂の外観(画像:オレンジフード)。
自販機食堂の店内ではゲーム機も稼働中(画像:オレンジフード)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180130 orangezihan 04 Thumbnail 180130 orangezihan 01 Thumbnail 180130 orangezihan 02 Thumbnail 180130 orangezihan 03

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. JR高崎線本庄駅/本庄早稲田駅から国際十王交通八斗島南/坂東大橋北詰のルートならが徒歩でも行けるし、最寄りは新宿バスタからJRバス関東伊勢崎行伊勢崎市民プラザバス停(1本)

  2. 行く暇あるかなぁ。高速のSAとかにあるレンチン自販機とも違うみたいだし。しかしニクシー菅どこで作れるんだろうか。

    • おおっと、ニキシー管でした。いずれにしても作れる所あるかな。

  3. こういった自動販売機が今でもこれだけ残っていたんですね!