東海道・山陽新幹線に「次世代コムトラック」導入 「遅れ拡大」防げるその性能とは?

コムトラックは1972年の山陽新幹線開業にあわせて導入。当時の車両は0系だった(2008年7月、恵 知仁撮影)。
東海道新幹線を走るN700A(2015年12月、恵 知仁撮影)。
現在のコムトラックは後続列車の遅れを考慮せずにポイント操作を行っている(画像:JR東海)。
新しいコムトラックは後続列車への遅れの波及を抑える仕組みにする(画像:JR東海)。
新しいコムトラックは複数の計算機に機能を分散。トラブルの影響を最小限に抑えるようにする(画像:JR東海)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180131 new comtrac 05 Thumbnail 180131 new comtrac 01 Thumbnail 180131 new comtrac 02 Thumbnail 180131 new comtrac 03 Thumbnail 180131 new comtrac  04.jpg

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 「次世代コムトラック」導入は東海道・山陽新幹線だけ?
    在来線にも早期に導入してほしいと思う。
    単線の路線で駅で行き違い待ちがあるとき、自分が乗っている列車は遅れていなくても、行き違ってくる列車が遅れていると到着待ちで遅れてしまう。
    行き違いをさせる駅は遅延が起きても通常運行時から変更しないのだろうけど、行き違い列車が遅れてきた時間を考えたら、待たずに次の行き違い可能な駅まで進むことができたのに(運行間隔を考えても列車が駅で詰まることは無い)と思うことがある。

  2. 九州列車カレンダー2018が届きました。
    大切にします。
    ありがとうございました。