東海道・山陽新幹線に「次世代コムトラック」導入 「遅れ拡大」防げるその性能とは?

鉄道のダイヤが乱れたとき、利用者が一番気になるのは「いつ所定のダイヤに戻るのか」ということ。JR東海は東海道・山陽新幹線に新しい運転管理システムを導入し、列車の遅れが拡大しないようにすることを目指しています。

列車を効率的に「さばく」システム

 JR東海は、東海道・山陽新幹線の線路や列車を管理するシステムを新しいものに交換する計画を打ち出しました。「全体として渋滞が少なくなるよう制御する仕組み」を導入し、ダイヤが乱れても所定の運転時刻に戻るまでの時間が短くすることを目指します。「いつになったら元のダイヤに戻るのか」などといった乗客の不安や不満が、緩和されることになりそうです。

Large 180131 new comtrac 01
東海道新幹線を走るN700A(2015年12月、恵 知仁撮影)。

 東海道・山陽新幹線の線路や列車は、「コムトラック」と呼ばれる運転管理システムで管理されています。たとえば、線路が二手に分かれる場所(ポイント)では、コムトラックが線路の開通方向を自動的に操作し、列車を誘導します。

 東海道新幹線の東京駅では、新大阪方面からやってきた上り列車が到着後、折り返して再び新大阪方面に向かう下り列車に変わります。折り返しのためには列車を上り線から下り線に移さなければなりません。東海道新幹線の運転本数は1日300本以上。多数の列車をうまくかわしながら列車を移動させなければならないためポイントの操作回数も増えます。すべてを手動で操作するのは大変です。

 そこで、各駅のポイントを自動制御するシステムのコムトラックを使って、大量の列車を安全、かつ効率的に整理しています。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180131 new comtrac 05
  • Thumbnail 180131 new comtrac 01
  • Thumbnail 180131 new comtrac 02
  • Thumbnail 180131 new comtrac 03
  • Thumbnail 180131 new comtrac  04.jpg

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 「次世代コムトラック」導入は東海道・山陽新幹線だけ?
    在来線にも早期に導入してほしいと思う。
    単線の路線で駅で行き違い待ちがあるとき、自分が乗っている列車は遅れていなくても、行き違ってくる列車が遅れていると到着待ちで遅れてしまう。
    行き違いをさせる駅は遅延が起きても通常運行時から変更しないのだろうけど、行き違い列車が遅れてきた時間を考えたら、待たずに次の行き違い可能な駅まで進むことができたのに(運行間隔を考えても列車が駅で詰まることは無い)と思うことがある。

  2. 九州列車カレンダー2018が届きました。
    大切にします。
    ありがとうございました。

  3. 遅れ拡大防止だけなら、優先関係を変えるだけみたいだから、ソフトウェアの修正だけで済みそうなものだけど・・。余程、古いコンピューターシステム使ってるのでは?
    ・・で、ハードウェアごと最新の分散システムに替えるのはいいけど、分散システムだとネットワークで接続されるから、どこかにインターネット回線が入ると外部から侵入されて制御を奪われる危険性も出てくる。そんなリスクが無いようなシステムにしたいですね。
    さらに高空での核爆発のノイズで電子機器が全滅する可能性もある。最新のトレンドに合わせることが、必ずしも安全・安定に繋がらないのが現在のハイテク技術。余分な設備費用がかかるとしても、しっかりと防御を固めてください。
    またソフトウェアの大規模な交換はリスクも伴います。小さなバグでも波及することがありますからテストは入念に。