自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

自動運転レベルの定義。欧米で採用されているSAE(米国自動車技術会)の定義が日本でも採用されている(画像:首相官邸「官民ITS構想・ロードマップ2017」)。
GM(ゼネラル・モータース)がシボレー「ボルト」をベースに開発した、ハンドルもペダルもないクルマのイメージ。2019年の実用化が目指されている(画像:GM)。
2017年12月に石川県輪島市で行われたレベル4の自動運転実証実験で使用された車両(画像:国土交通省)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180206 autopilot 03 Thumbnail 180206 autopilot 01 Thumbnail 180206 autopilot 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 衝突軽減やVSCを装着する目的が税金や保険料の軽減に傾いてる気がしますがね、因みにカメラを合体させたフロントガラスなどは社外品の開発が追い付かない状況で仮に飛び石など車検を通過できないような被害がある場合は純正品でないと対応できない現実な他ど様々、こんな影の部分ですら歴代車に比較して安全装置を装備した最新の車は現時点では部品が高価と言った問題もあって、更に自動運転の責任の問題に加えて世間で言われるような道路の流れに乗るか否か?の速度制限厳守の問題やら乗り越えなきゃならん問題が多いと言うか?自動運転やら車の存在意義に車自体を個人や法人が所有していく形が今後も続くのか?など自動運転に関して何かと後回しにされた問題もあるし、そもそも自動化に着手するのが遅かったのではないかとアタシ個人はそう感じますがね

  2. 「機械になんて任せられない!微塵も信用できない!」
    自動車の自動化、運転支援システムのニュースには大抵こういう人が沸く。
    では、鉄道は?飛行機は?船舶は?
    これらは過去60年の間でコンピューターや安全システムの採用で、より安全になっていった。
    誰一人として、「60年前の熟練した運転・操縦・操舵手の方が、安全」と言う人は居ないだろう。
    高速道路上の事故は、その80パーセント近くが「追突事故」「(車線逸脱を起因とする)事故」だ。
    これらは、「レーンキープアシスト」「自動加減速クルコン(ACC)」の搭載でほぼ根絶できる。
    長距離ドライバーの負担も軽くなり、過労による居眠り運転も抑制できる。
    登り坂の自然減速によるダンゴ渋滞も減る。
    渋滞が減るから渋滞最後尾への追突事故も減る。
    事故が減るから事故渋滞も減る。
    もう「根性論」は通用しません。高速道路だけでも、自動化を推進すべきです。