意外? 日本一短い鉄道は「和歌山県」だった 南海和歌山港線の不思議

和歌山市駅の駅名標と案内板。和歌山県ではなく南海の路線として和歌山港線の乗り換え駅であることが案内されている(2006年12月、草町義和撮影)。
かつて「日本一短い鉄道事業者」だった和歌山県の紀州鉄道(2012年1月、恵 知仁撮影)。
南海和歌山港線の和歌山港駅で発車を待つ特急「サザン」。和歌山港線は一部を除いて和歌山県が線路施設を保有している(2006年12月、草町義和撮影)。
和歌山港線は和歌山県が保有している区間も含めて南海の路線の一部になっているため、今も芝山鉄道が「日本一短い鉄道事業者」といわれることがほとんどだ(2002年11月、草町義和撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180219 wakarail 04 Thumbnail 180219 wakarail 01 Thumbnail 180219 wakarail 02 Thumbnail 180219 wakarail 03

関連記事

最新記事