クルマとは違う鉄道「中古車」事情 廃車タイミングや改造など事情あれこれ

一畑電車が購入した京王の旧5000系電車(左右)。そのうち2編成(左)は観光用に大改造した結果、まるで別の車種のようにスタイルが変わった(児山 計撮影)。
川越駅で並ぶりんかい線70-000形(左)とJR東日本209系3100番台(右)。他社からJRへの中古車譲渡は珍しいケース(児山 計撮影)。
鉄道の中古車は譲渡先のシステムに合わせた改造が行われる。写真は西武鉄道から伊豆箱根鉄道に譲渡される101系電車。編成の短縮や塗装の変更が行われる(児山 計撮影)。
東急8000系が廃車されるまでの間、つなぎでJR東日本から113・115系を購入した伊豆急行。113・115系の使用期間は8年と短かった(児山 計撮影)。
大手私鉄が中古車を購入した例。南海電鉄は泉北高速鉄道の3000系を購入。泉北の余剰車両を有効活用している(児山 計撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180213 usedcar 04 Thumbnail 180213 usedcar 05 Thumbnail 180213 usedcar 01 Thumbnail 180213 usedcar 02 Thumbnail 180213 usedcar 03

関連記事

最新記事