「ジュネーブショー」日本メーカーの本命は 「スープラ」復活祭の一方で別のお祭り?(写真12枚)

「スープラ」レーシングコンセプトの対面、メインステージでアンヴェールされたトヨタの新型「オーリス」(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
「マツダ6ワゴン(アテンザ)」はマイナーチェンジしたばかりの最新モデル。ステーションワゴンに分類される(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
マツダの次期「アクセラ」と目される「魁コンセプト」。ハッチバックに分類されるモデル(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
ホンダのプレスカンファレンスにて、「アーバンEVコンセプト」と共にステージ上にあったのは「スポーツEVコンセプト」(写真右)(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
トヨタの新型「オーリス」。ハッチバックに分類される(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
トヨタ「ヤリス(ヴィッツ)」のWRC世界ラリー選手権参戦モデル。奥は「アイゴ」。いずれもコンパクトハッチバックに分類される(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
トヨタ「アイゴ」(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
「ジュネーブモーターショー」で公開されたトヨタ「GRスープラ・レーシングコンセプト」(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」はミドルクラスステーションワゴン。ボンネットのダクトからも次期「レヴォーグ」と見られる(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
ホンダ「アーバンEVコンセプト」は2019年に欧州市場へ投入予定(2018年3月6日、鈴木ケンイチ撮影)。
欧州テイストなスズキ「スイフト」は、本場欧州でも好調。
トヨタの欧州専売コンパクトハッチバック「アイゴ」。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180312 geneva 06 Thumbnail 180312 geneva 07 Thumbnail 180312 geneva 08 Thumbnail 180312 geneva 09 Thumbnail 180312 geneva 10 Thumbnail 180312 geneva 11 Thumbnail 180312 geneva 12 Thumbnail 180312 geneva 01 Thumbnail 180312 geneva 02 Thumbnail 180312 geneva 03 Thumbnail 180312 geneva 04 Thumbnail 180312 geneva 05

関連記事

最新記事