空自F-2後継機、国内開発断念したらどうなる? 視野に入る国際共同開発、その実際は

エアバスの防衛部門エアバス・ディフェンス・アンド・スペースが発表した将来戦闘機のコンセプト(画像:エアバス・ディフェンス・アンド・スペース)。
先進技術実証機X-2。X-2の開発により日本はステルス技術などをある程度会得している(竹内 修撮影)。
アメリカの計画に8ヵ国が相乗りして開発されたF-35(竹内 修撮影)。
韓国の航空機メーカーKAIがロッキード・マーチンと共同開発したT-50練習機(竹内 修撮影)。
ボーイングが発表したF/A-XXのコンセプトCG(画像:ボーイング)。
共同開発参加国の足並みの乱れで実用化が遅れた、ユーロファイター「タイフーン」(竹内 修撮影)。
スバルの半田工場(愛知県半田市)で最終組み立て作業中の、ボーイング787中央翼(画像:スバル)。
F-35(左)とF-22(竹内 修撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180405 fx 07 Thumbnail 180405 fx 01 Thumbnail 180405 fx 02 Thumbnail 180405 fx 03 Thumbnail 180405 fx 04 Thumbnail 180405 fx 05 Thumbnail 180405 fx 06 Thumbnail 180405 fx 08

関連記事

最新記事