【今日は何の日?】足尾銅山への線路が開通 国策で国有化

8月25日、足尾銅山への線路が開通しました。

 1914(大正3)年の8月25日。桐生駅(群馬県桐生市)から銅の産出で知られた足尾本山駅(栃木県日光市)まで、線路が開通しました。足尾~足尾本山間3.2kmの延伸開業によるもので、現在のわたらせ渓谷鐵道にあたります。

 わたらせ渓谷鐵道は当初、足尾鉄道という私鉄でしたが、足尾銅山の存在から国にとって重要な路線であるとされ、1918(大正7)年6月1日に国有化されます。

 しかし足尾銅山は1973(昭和48)年に閉山。のちに貨物輸送が終了し、旅客輸送も減少。JR東日本足尾線を経て1989(平成元)3月29日、第三セクター方式のわたらせ渓谷鐵道として新たなスタートを切りました。

150825 watarase 01
列車は通れないが、現在も残っている間藤~足尾本山間の線路(2009年7月、恵 知仁撮影)。

 現在は足尾~足尾本山間へ1914年11月1日に設けられた間藤駅が、わたらせ渓谷鐵道の終点です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント