コンビニで航空券購入可能に ファミマとジェットスター、その意図は

ジェットスター・ジャパンの国内線、および国際線航空券が、全国のファミリーマート店舗で予約・購入できるようになります。その狙いはどこにあるのでしょうか。

コンビニでの予約・決済は日本の航空会社で唯一

 コンビニ大手のファミリーマートとLCCジェットスター・ジャパンは2015年10月27日(火)、全国のファミリーマート店舗に設置されているマルチメディア端末「Famiポート」でジェットスターの国内線、および国際線航空券を販売するサービスを、11月10日(火)より開始すると発表しました。

「Famiポート」は現在、全国の約1万1500店舗に設置。このサービスにより、「Famiポート」で航空券を予約し、そのままレジで現金決済したり、「ファミマTカード」を使ったクレジット決済も可能になります。

右から2人目がファミリーマートの中山社長、3人目がジェットスターの片山会長(2015年10月27日、恵 知仁撮影)。

「クレジットカードを持っていないため航空券を買えないという声がありました」(ジェットスター・ジャパン 片岡 優代表取締役会長)

 片岡会長は、10月27日に行ったファミリーマートとの提携発表会でこのように話し、現金での決済手段を設けることで「インターネットが苦手なシニア層や、クレジットカードを持っていない層」を取り込み、「ますますLCCが身近なものになる」と、その考えを述べました。

 また、ファミリーマートの中山 勇代表取締役社長は発表会で、「コンビニは飽和しているともいわれるが、新たなサービスを提供することでさらなる成長ができる」と話します。

 ジェットスターによると、同社がコンビニで航空券の予約・決済ができる唯一の航空会社とのこと。片山会長は「これによってお客さまの利便性は更に高まると確信している」とコメントしています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント