〈PR〉スマホに声を入力して元気に!? 「東京メトロアプリ」の新機能「メトロエール」とは

スマートフォン向けアプリ「東京メトロアプリ」に、ユニークな新コンテンツ「メトロエール」が追加。ユーザーの声を解析し、その元気度に応じて「エール」が届きます。

「音声感情AI」がユーザーの声を解析して元気度を測定

 東京メトロが提供しているスマートフォン向け公式アプリ「東京メトロアプリ」。各路線の運行情報や列車走行位置、時刻表など、さまざまな便利機能が用意されていますが、2017年9月末のアップデートで、一風変わった新コンテンツ「メトロエール」が追加されました。

「メトロエール」は、ユーザーが「おはよう」などと音声入力し、その元気度に応じて「げんきポイント」や「エール」を受け取り、東京メトロ路線図のスゴロクを進めていくというものです。

171010 metroappli 01
「メトロエール」のスゴロク画面。銀座線の渋谷駅からスタートし、全線制覇を目指す。デザインはレトロなテレビゲーム画面風。

 音声解析を行う「音声感情AI」は、スマートメディカルの「Empath」を利用。ユーザーの声の高さ、強さ、スピード、抑揚といった物理的な特徴を解析し、元気かどうかを推定します。

 スゴロクを進める秘訣は、毎日15時までに、元気に「おはよう」と音声入力することです。こうすることで、その日の元気が測定され「げんきポイント」が獲得できます。また、「エール」も1日最大2回届きます。

実際に測定! エールが1日最大2回届く

 実際に記者が、「メトロエール」で元気を測定してみました。朝、目が覚めてボーっとしながらも精いっぱい声を張って「おはよう」と音声入力したところ、「51げんきポイント」を獲得。

171010 metroappli 02
スゴロクのコマ(電車)がある「神田駅」から昼に届いた「職場エール」。

 昼に仕事をしていると、「職場エール」が届きました。いわく「頭で考えてばかりだと『今』を体験できないままだよ。時々注意をして意識を『今』に持ってきてみよう。」とのこと。

171010 metroappli 03
スゴロクのコマ(電車)がある「神田駅」から夕方に届いた「職場エール」。

 夕方には「お帰りエール」として「なにか楽しいことはあったかな? 人の気分ってコロコロ変わるよ。だから相手の気分を伺ってばかりだと、とっても疲れてしまうの。」という励ましのメッセージが。銀座線の「神田駅」が自分を気に掛けてくれているような気持ちになってきます。

171010 metroappli 04
「エール」を読むと「げんきポイント」がたまり、スゴロクのコマ(電車)はひとつ先の末広町駅へ。

 この「職場エール」や「お帰りエール」を受け取っても「げんきポイント」がもらうことができ、げんきポイントが100ポイントに達すると、スゴロクのコマは、神田駅のひとつ先、末広町駅に進みました。

 スゴロクではこのように、コマを進めて路線を制覇すると特典画像がゲットできます。銀座線の渋谷駅からスタートし、日々「エール」を受け取りながら、全線制覇を目指しましょう。

171010 metroappli 05
音声測定により取得したげんきポイントの推移を日々グラフで確認できる。

「東京メトロアプリ」の利用料は「メトロエール」を含め無料(通信料は別途各自負担)。対応OS(機種)はiOS8.0以上(iPhone5以降)、Android OS 4.4以降です。「メトロエール」のコンテンツは12月29日(金)まで利用できます。

・特設サイト
http://www.tokyometro-app.jp/
・ダウンロードサイト


【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171010 metroappli 05
  • Thumbnail 171010 metroappli 01
  • Thumbnail 171010 metroappli 02
  • Thumbnail 171010 metroappli 03
  • Thumbnail 171010 metroappli 04

最新記事